金雀・田中三浪 「洒落酒」

ワタナベエンターテインメントの芸人 金雀の田中三浪が、いい服を着て、いい酒場に行くブログ 4~5件の店を梯子します

055 北千住・びあマ 【kitasenju・biama】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

さて3軒目は

 

前回の 天七 さんを出てすぐ

 

ふと目に入った看板

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044708j:plain

 

びあマさん

 

覗き込んだ感じ

 

シャレた角打ちができるようなスタンディングスタイルのとこ

 

 

クラフトビールがあるってことで

 

まずはそちらから

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044752j:plain

 

 

代々木上原編の 終日one さんで

 

初めてに近い感じでクラフトビールをいただいてから

 

チーム洒落酒

 

クラフトビールが旨いと感じてきています

 

まあ、まだまだ粋がりの範囲ですが

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044727j:plain

 

ルービーをクラフトするマッシーン

 

不動産屋に行って

 

部屋の間取り図にこれがあったら


引っ越し即決っしょ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044808j:plain

 

自家製ベーコンをアテてく

 

こちらのクラフトビールの真に合わせた味

 

旨いわ

 

豚にデカい感謝を

 

 

店内の冷蔵庫には各国のルービーたち

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044813j:plain

 

この記事を書きながら

 

店内でのことを振り返ると

 

“ 旅 ” の話をしていた

 

その時はなんとも思わなかったんだけど

 

世界からやってきた酒たちがまとっている何かが

 

そういった方向に俺たちを持って行ったのかもしれない

 

違ったとしてもそう思おう

 

その方がワクワクするから

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044659j:plain

 

 

神戸、ええとこっすよ

 

北海道、なまら最高だから

 

海外行きたいと思います?

 

パスポート無ぇんだわ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044820j:plain

 

お店の方に地元のルービーはありますか?と

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619045248j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044759j:plain

 

三浪は兵庫の冷えたヤツ

 

アタクシは北海道の冷えたヤツ

 

お互い気持ちは一時帰郷

 

すぐに東京に戻って

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044812j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 みんな地元は好きなもんだ。地方から上京してきた人はなおさら。東京に慣れれば慣れるほど、年をとればとるほど生まれ育った街が素晴らしい事に気づきます。僕は神戸出身。今でも年に1回くらいは帰省します。お気に入りの古着屋を巡り、行きつけだった喫茶店でゆっくりして、近所の居酒屋で友人と呑む。まあ、だいたいこんな感じ。最高です。でも、僕 地元にいた事と帰った事しかないんです(当たり前だが)。旅先として地元を訪れてみたい。るるぶや まっぷるなんかを片手にベタな観光地(意外と行ってない所が多い)を巡り、予約したホテルに泊まって、神戸牛なんかを食らう。もちろんいい服を着て。まだ見ぬ名酒場を目指してもいいでしょう。ワクワク感が必需品です。実家に帰ったり、知り合いに会うのはタブーとします。旅の目的地としてのみ訪れる。そうすれば、もっと地元を知れる気がして。もっと好きになれる気がして。30歳を目前に控えて、そんな事を考えています。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

足立区

北千住・大はし

東京三大煮込みに数えられる “ 煮込み豆腐 ” をいただける 店内は撮影禁止 いっそスマホをしまって話に花を咲かせましょう

 

北千住・天七

串カツで呑りたければここへ 店員さんが皆いかつく優しい 暖簾が日本で一番デカい可能性がある

 

北千住・びあマ

クラフトビールを呑れる店 自家製のマミツがまあ合う 奥の冷蔵庫には世界のルービー 北千住から海外へハシゴするのも良し

 

北千住・久助

北海道の食材をあやつる THE 大衆酒場 室蘭やきとりをSAPPOROで流し込めば、北千住はほとんど北海道に変わる

054 北千住・天七 【kitasenju・tenshichi】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

北千住2軒目を探そうぜ

 

ってなもんでプラプラ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012911j:plain

 

 

ポツポツと雨

 

傘は好きじゃない

 

ドデカい暖簾が放つWELCOMEなヴァイブス

 

天七さんで雨宿り

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012302j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012856j:plain

 

スタンディングで串カツを

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012917j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012908j:plain

 

 

串カツ屋の鋼鉄の掟

 

“ 二度漬け禁止 ”

 

しかし、本場 大阪新世界では

 

常連であればあるほど “ 漬け ” の回数は多く

 

4度漬け、5度漬けは当たり前らしいと

 

西から吹いてきた風に聞いたぜ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012900j:plain

 

 

ここでオススメのスタイルを

 

その串の先端半分だけにソースを漬け

 

後半はプレーンでいただく

 

江戸っ子の蕎麦の食い方のような

 

これがハマれば

 

二度漬けることに

 

憧れを抱かないから大将を安心させられるね

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012749j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012935j:plain

 

 

雨は小降りに

 

これくらいなら濡れていこう

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012936j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 男は大なり小なりいくつかこだわりを持っているものです。僕のこだわりの一つが可能な限り手ぶらで出かける事。手ぶらなだけで気分がずいぶん変わります。心まで軽くなる。いつでも走り出せますから(実際に少し走ることもある)。日帰り旅行ならもちろん手ぶらで、1泊するにしてもポケット多めの高機能ジャケットで乗り切ります。この日は午前中に荷物が必要な用事があり、やむなくカバンを持っていたのですが、その用が終わるやいなやカバンをコインロッカーにインし、心を軽くしてから北千住に向かいました。400円も帰りにそこに寄る手間も、手ぶらのためなら惜しくない。夕暮れ時、傘を持って出かけた方がいいとの予報通り少し雨粒が落ちてきました。当然傘を持たない僕は「天七」にて贅沢な雨宿りをさせてもらう事にしました。雨が上がるのを待ちながら串揚げを立ちでいただきます。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

 

053 北千住・大はし 【kitasenju・ōhashi】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

次なる町は

 

はい、ドン

 


f:id:kinjakutanakasaburou:20170606185346j:image

 

足立区は 北千住でありんす

 

あんま行かないとこ

 

 

早めに着いたので

 

ちょいとあたりをプラっとして

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170606180503j:plain

 

で、

 

三浪の目当てはこの通りにあるらしい

 

はい、ドン

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170606180457j:plain

 

大はしさん

 

東京三大煮込みに数えられる名店ですな

 

北方からの風に運ばれて

 

その噂は かねがね聴いておりました

 

まずはルービーからっしょ

 

 

おっと

 

写真が無い

 

無いのではなく

 

こちら、店内撮影禁止とのこと

 

ここは従わざるを得ない

 

キレイに呑みましょ

 

 

モチ野ロン太郎で煮込み一丁

 

豆腐と牛のスタイル

 

もう一品

 

ホヤを

 

ホヤって磯の空気を圧縮したヤツだろ

 

口に入れるとテトラポットに打ち付ける波が見える

 

キレイな海じゃぁねんだわ

 

好きです

 

そんなこんなでルービー追加

 

煮込みもペロリで

 

「煮込み、もう一丁いっとく?」

 

なんて話してたら

 

威勢のいい おやっさん


俺たちの煮込みの皿を見て

 

「まだ残ってるよ!」

 

5mm角の豆腐 ✖ 1

 

 

3mm角の肉 ✖ 1

 

オンリー!

 

いや!

 

助かるね!

 

麻布十番だったら

 

これの3割手前で持ってかれっから

 

汁ごとすするように平らげ

 

おかわり

 

2杯目もキレイにいただいて

 

ごちそうさま

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170606180500j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 秋冬春と重ね着をたくさんしてきたから、その反動で一気に引き算がしたくなる。ロンTも潔く1枚で。色もシンプルに拾っていきます。それでも、まだ柄やHONDAのロゴがうるさいので夏本番に向けまだまだ引き算の余地がありそう。そして、6月は靴の天敵雨の季節。この時期はいつ降られるかわからない。頑張って買ったAldenストレートチップやお気に入りのadidasのZXにはしばし雨宿りをしてもらって、ちょっと早めにビーチサンダルを履いてみよう。どうせ7月から毎日のように履くのだから、1か月くらい前倒ししても問題ない。先ドリってことにもなりますしね(そう言えば、パンツもリネンだ)。濡れるために作られてるものだからどんな豪雨も怖くない。苦手な梅雨はロンTとビーサンで乗り切ろう。その先には大好きな夏が待っている。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

052 麻布十番・あべちゃん別館 【azabujūban・abechan bekkan】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

麻布十番ラストっす

 

2軒目に行こうとしてて

 

混んでたから

 

あとまわしだべ

 

ってなもんで

 

4軒目にリベンジ

 

あべちゃん

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223230j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223313j:plain

 

(下部のフォント 怖くね?)

 

しかしねぇ

 

本店は やっぱ混んでてさ

 

別館なの

 

スっと入れたから

 

ま、いい

 

 

赤い星が麻布十番の夜に流れる

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223112j:plain

 

 

あ、

 

混んでる お店

 

並んでまで呑まないすよ我々

 

 

だって

 

並んでる時

 

呑めないじゃん

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223135j:plain

 

イカした煮込み

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223238j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223218j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223221j:plain

 

盛りがビューティーな漬物

 

パねぇキュウリのエッジ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223250j:plain

 

遅め入店で

 

目当ての串がけっこうヤマで

 

でも

 

出してもらったヤツどれも旨かったなぁ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223248j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223243j:plain

 

七味を定位置に置くのを待ててないもの

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223307j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223255j:plain

 

だし巻き卵のロマン

 

カツオ出汁あたりを鶏卵に合わせる

 

魚とニワトリの卵

 

自然じゃ絶対に出逢わないもんな

 

 

旨いメシ食ってっと

 

たまに

 

ここのゾーンの感動に入るわ

 

で、

 

命に感謝

 

食い物は残しちゃいけねぇ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529230508j:plain

 

このあたりでレモンサワーに切り替えつつ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529230500j:plain

 

サリアツなシイタケあたりで〆にもってく

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223310j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223308j:plain

 

 

てなとこで

 

 

その日のラッキーナンバーが

 

10

 

だったら

 

いや、

 

理由はなんでもいい

 

また麻布十番に来よう

 

 

帰り

 

オーダーストップの本店

 

終わり際どれくらい お客いるんだ?

 

チラっ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170529223315j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 今回1番の目的地であったあべちゃん本店には弾かれる格好となりました。残念無念です。目当ての店に確実に入る方法として、予約をするというやり方あります。でも、僕はこれがどうも苦手です。というか、好きじゃない。だって、当日にならないと、その時間にならないと何の気分になってるかわからないでしょ?焼きとんの口で、旬魚のカルパッチョはいけないですから。そもそも酒を呑んでアホになろうなんて奴がキチキチ予約をするなんてどないやねんです。そこはフラフラっと導かれるがままに。人生はタイミング。今回はあべちゃん本店のタイミングじゃなかっただけのこと。いつか然るべきときに食べに来いよということです。今度フラっと寄らしてもらいます。ただ、女の子の機嫌を損ねる恐れがあるのでデートのときは彼女の好みを聞いたらこっそり予約をしておきましょう。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

 

051 麻布十番・山忠 【azabujūban・yamatyū】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

麻布十番3軒目

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000304j:plain

 

 

こちらは三浪からのススメ

 

「どんな感じのとこ?」

 

「藤八っぽいすわ」

 

「ほうほう」

 

呑み歩き51軒目ともなると

 

店を店で例えられて

 

それが共通言語となる

 

ちなみに中目黒編 藤八 さんリンク

 

 

そんなこんなで

 

山忠さんへイン

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000233j:plain

 

ルービーをリッターでいくよ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000226j:plain

 

ジョッキ

 

もっとデカくても上等だけどね!

 

 

なにアテていきましょ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000306j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000116j:plain

 

カウンターに惣菜を鎮座させるスタイル好きだわぁ

 

 

子供の頃にTVで見てた

 

居酒屋のコントって

 

だいたいカウンター総菜スタイルだったなー

 

その頃から憧れてたわ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000257j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000313j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000218j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000250j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000312j:plain

 

和風に麻婆をアレしたヤツと

 

タケノコをソレしたヤツ

 

この流れ

 

ポン酒に切り替えてもいいよね

 

肉系

 

野菜系いったし

 

バランスで

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000319j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000314j:plain

 

 

マミツのバランス重要

 

任したら揚げ物オンリーでラッシュ キメてくるヤツぜんぜんいるからね

 

 

で、〆サバはと言うと

 

浅めの〆で旨し

 

DHAをサンキュー サバっち

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000712j:plain

 

 

ずっと賑やかでいいとこだった

 

ごちそうさまでした

 

さっき入れなかったとこに

 

リベンジかましに

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170524000223j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 トラックパンツやスウェットパンツなど、本来よそゆきのファッションに落としこみにくいもの(部屋着的アイテム)を着るときは、カチっとしたアイテムでバランスを取る。シャツやジャケット、革靴なんかがそれです。方程式ってやつです。これで安心ですね。でも、世の中にはそんな小細工をせずとも、ファッションに落としこめる強者がいます。もうまとっているよそゆきオーラとでもいいましょうか。何着てもファッションにできちゃう人たち。イケメンとか小顔とかそういう事ではなくて。こういう人たちはスウェットパンツにTシャツでも、トラックパンツにトラックジャケットでも単なるインドアやスポーツではないファッションにできてしまうんです(最強)。ここにはもう方程式は存在しません。誰が着てるかです。服が似合うことって本当にかっこいい。僕もそろそろ今夏はトラックパンツにTシャツで出かけてみましょうか。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

港区

麻布十番・喜久や

立ちで、天ぷらで呑れる店 天つゆに入った大根おろしをつまみになんてしみったれた呑み方はやめておこう ここは港区さ!

 

麻布十番・bistro あわ

オシャレな立ち呑みスタイル こういったスタイルの店の形式をなんて言えばいいのかいいのだろう?なので “ オシャレ ” しか出てこない シャンパンをもっきってくれる やられちまうね!

 

麻布十番・山忠

居酒屋 of 居酒屋 居酒屋の定義 それはツマミの守備範囲 例えば “ 陸・海・空 ” の食材どれも旨い みたいな カウンターに置かれた惣菜が絶景

 

麻布十番・あべちゃん別館

この地域で醤油ダレが焦げる旨そうな匂いがしたら、その匂いに連いていきなされ こちら “ あべちゃん ” の本店にたどり着くはず しかし、人気店 いつも混んでいる そんな時はこちらの別館に通してもらおう