金雀・田中三浪 「洒落酒」

ワタナベエンターテインメントの芸人 金雀の田中三浪が、いい服を着て、いい酒場に行くブログ 4~5件の店を梯子します

059 神田・みますや 【kanda・mimasuya】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

さあ、神田3軒目は

 

老舗地帯へ向かいます

 

プラリ

 

夜の帳が下りる頃

 

老舗 of 老舗

 

みますやさんの赤提灯が

 

あたくしたちを吸い込むのであります

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223403j:plain

 

 

チョウチンアンコウに食われる小魚のごとし

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223500j:plain

 

 

神田の歴史を煮しめた

 

ウェルカムなイキフン

 

実家と同じ皿あんじゃね?ってなもんで

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223603j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223903j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223643j:plain

 

 

やっと座りで

 

生からいきましょ

 

キリンだね

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223538j:plain

 

 

シブいメニュー表に

 

👍いいね!20000

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223617j:plain

 

 

そりゃぁ

 

どぜう

 

いくさ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223653j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223554j:plain

 

我ら

 

どぜう

 

ファーストコンタクト

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223846j:plain

 

なんだかこう

 

江戸の粋をわかったような気になって

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223633j:plain

 

三浪曰く

 

「目を閉じて食べても “赤い” とわかる」

 

 

赤身のド真ん中

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223634j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223825j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223250j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223647j:plain

 

 

夜だ

 

神田を吹く風に

 

いよいよ酒が香ってきた

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170718223652j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 神田の超老舗居酒屋「みますや」。創業はなんと明治38年(クリスチャン・ディオールと同い!)で、古きよき昭和を鼻で笑える大貫禄店。現存する東京の居酒屋で最も古い店らしいです(この建物自体も戦争を知っている)。縄暖簾は貫禄店の証ですね。20代中盤のときに、下北沢で好きなスタイリストさんがイカした服を着て、コテコテの屋台っぽい店で呑んでいるのを偶然見かけました。そのスタイリッシュと古きよきのギャップを最高にカッコいいと思った事が洒落酒を始めた一因にもなっています。そういう意味ではこの「みますや」以上に時代のギャップがつくれる酒場は東京には存在しないという事です。ザ・洒落酒。究極の今昔折衷。明治時代にできた酒場の昭和にできた建物で90年代につくられたレーヨンシャツを2017年のスタイリングに落としこんで、ずっと変わらないいい酒を呑みました。

 

過去記事をまとめています!
こちらもシクヨロ方面で!
➡ あの日の洒落酒
 
文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

058 神田・大松 【kanda・daimatsu】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」 

 

 

さて、神田2軒目です

 

立ちに行きましょう

 

高架下は

 

大松さんへ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711200854j:plain

 

 

こちらのお店

 

イワシなマミツが秀逸

 

寒い冬なんかは

 

イワシのつみれ鍋あたりで

 

熱燗を呑るのが至高

 

 

なんだけど

 

夏が来ちゃってっからさ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711200842j:plain

 

冷たいのから入ります

 

で、

 

ポテサラ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711200820j:plain

 

 

から

 

これが噂の

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711200851j:plain

 

イワシのなめろう

 

美しいね

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711203338j:plain

 

イワシをあやつる大将

 

 

あったかいのもいっとく

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711202609j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711200853j:plain

 

青のり豆腐

 

旨めぇんだわ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711202301j:plain

 

 

イワシ方面や

 

それ以外の旨いヤツで

 

もっと呑きたいんだけど

 

立ちは早駆(サク)っとが

 

粋ってなもん

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711200859j:plain

 

 

しっかり平らげて

 

ごちそうさまでした

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170711202309j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

田中三浪 Twitter

 日本列島、気温がグングン上昇してきています。再三言っているよう引き算されまくったコーデはどんどんシンプルに。Tシャツに短パンで出掛ける日もすぐそこまで来ています。こんなときサングラスやキャップが日差し対策という名目でその簡素なコーデを彩ってくれます。でも、いつもその口実が通じるわけではない。夜にサングラスはいただけないし、デートにキャップは彼女の機嫌を損ねかねない。夜のデートなら二刀とも失うことになります。そんなときのためにあえて髪は伸ばしておくのもおもしろい。夏は髪を切りたくなるものですけど。得意の“あえて”と“我慢”です。そうすればノーキャップ、ノーサングラスでも引きすぎた分を補うことができます。男同士でキャンプに行くときはいつも通りキャップをかぶれば鬱陶しくもないしですしね。来週散髪に行くなら毛先を揃える程度にしよう。今年の夏はいつもより少し長めの髪で。

 

過去記事をまとめています!

ちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

057 神田・鈴木酒販 【kanda・suzukisyuhan】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

お次の町

 

千代田区は 神田でございます

 

東京で一番呑み屋が多い町なのではないか?

 

東京で一番呑み屋の誘惑が強力な町なのではないか?

 

どのあたり繰り出そう?

 

0軒目は会議室

 

そう、

 

角打ちへ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190735j:plain

 

鈴木酒販さん

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190857j:plain

 

 

酒屋さんですから

 

色んなのがある

 

でも、

 

まあ、

 

赤星ツモっちゃうよね

 

くださいな、と

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190843j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190827j:plain

 

 

7月

 

そろそろ七夕

 

夜の天には星が作る川

 

織姫と彦星の再会を

 

こちらは地上から

 

赤い星で祝おう

 

呑むための口実

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190848j:plain

 

 

短冊には

 

明日も酔い夜でありますように

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190810j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190853j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190823j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190849j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704190854j:plain

 

 

よし

 

と、

 

この町のプランがまとまったところで

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170704191144j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 7月に入りました。夏本番!と言いたいところなんですが、梅雨はまだ開けない。すっきりしない日が続きます。気温的にはTシャツを着てもいいんですが、夏本番と心から言える日までとっておきます。今から着始めたら、肝心な時期に味が薄まりますから。おろしたてのワクワク感をピーカンの空に合わせたいですもんね。ということで、セットアッパー的にレーヨンシャツを。こいつはカブリのタイプ。レーヨンは涼感に関して申し分ないんですけど、水には弱いので天気予報はしっかりチェック済。曇り空だが、雨は降らないらしい。先月から夏に向けて引き算は継続中なのでシンプルに。ルーズに仕上げたら完成です。曇り空、レーヨン、ルーズ、伸びた髪。こいつらと古き良き昭和の空気感が残る神田の街並みとの相性はよさそうです。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

056 北千住・久助 【kitasenju・kyūsuke】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

北千住ラスト4軒目

 

どこにしようか?とプラプラ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191826j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191920j:plain

 

 

ふと “ 室蘭やきとり ” の看板が目に入り

 

こちら、久助さんへ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191832j:plain

 

 

北海道の食材を使っているとのことで

 

じゃあ

 

赤星からっしょ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191919j:plain

 

 

ポテサラで

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191930j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191812j:plain

 

 

モチ野ロン太郎で

 

室蘭やきとり

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191904j:plain

 

 

室蘭やきとりってのは

 

豚串 (タレ) なんです

 

カラシをちょいとつけてやる

 

フォルムが “ やきとり ” だから

 

もう、めんどくせぇから

 

全部 “ やきとり ” なんでしょうな

 

小さな町のそんな小さな出来事が

 

今日まで続いてる

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191938j:plain

 

 

焼きサバとか

 

肉巻きを頼んだり

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191950j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191942j:plain

 

 

新香で箸を休める

 

“ 箸休め ” って言葉好きだわ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191852j:plain

 

 

北千住

 

呑みに行ったんじゃない

 

吸い込まれちまったんだ

 

そんな言い訳が似合う町

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191956j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170628191958j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 いやー、北千住いい街でしたね。さすが宿場町。今回行った4軒以外にもどっからどう見てもいいだろうという店がたくさんありました。定食屋感覚でサクッといけそうな店がたくさん。僕が住んでいる自由が丘には定食屋感覚店が少なく(もちろん、ないわけではない。いつか紹介します)、こういう街に住むのもいいなと思ったりしました。でも、住んだら終わりですね。家が西口で帰り道が飲み屋横丁なら完全終了。いや、西口なら多少の遠回りでも飲み屋横丁をオフィシャルの帰り道にするでしょう。そして、毎日のように名店たちに導かれ、ルーティーンのように呑む(最高)。支出のほとんどを飲食代に持っていかれてしまいます。それはマズイ。欲しい服もたくさんありますから。だから北千住には住まずに訪れる事にします。次は秋にでも。ビンテージのワークコートなんかがよく合いそうです。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

055 北千住・びあマ 【kitasenju・biama】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

さて3軒目は

 

前回の 天七 さんを出てすぐ

 

ふと目に入った看板

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044708j:plain

 

びあマさん

 

覗き込んだ感じ

 

シャレた角打ちができるようなスタンディングスタイルのとこ

 

 

クラフトビールがあるってことで

 

まずはそちらから

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044752j:plain

 

 

代々木上原編の 終日one さんで

 

初めてに近い感じでクラフトビールをいただいてから

 

チーム洒落酒

 

クラフトビールが旨いと感じてきています

 

まあ、まだまだ粋がりの範囲ですが

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044727j:plain

 

ルービーをクラフトするマッシーン

 

不動産屋に行って

 

部屋の間取り図にこれがあったら


引っ越し即決っしょ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044808j:plain

 

自家製ベーコンをアテてく

 

こちらのクラフトビールの真に合わせた味

 

旨いわ

 

豚にデカい感謝を

 

 

店内の冷蔵庫には各国のルービーたち

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044813j:plain

 

この記事を書きながら

 

店内でのことを振り返ると

 

“ 旅 ” の話をしていた

 

その時はなんとも思わなかったんだけど

 

世界からやってきた酒たちがまとっている何かが

 

そういった方向に俺たちを持って行ったのかもしれない

 

違ったとしてもそう思おう

 

その方がワクワクするから

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044659j:plain

 

 

神戸、ええとこっすよ

 

北海道、なまら最高だから

 

海外行きたいと思います?

 

パスポート無ぇんだわ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044820j:plain

 

お店の方に地元のルービーはありますか?と

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619045248j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044759j:plain

 

三浪は兵庫の冷えたヤツ

 

アタクシは北海道の冷えたヤツ

 

お互い気持ちは一時帰郷

 

すぐに東京に戻って

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170619044812j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 みんな地元は好きなもんだ。地方から上京してきた人はなおさら。東京に慣れれば慣れるほど、年をとればとるほど生まれ育った街が素晴らしい事に気づきます。僕は神戸出身。今でも年に1回くらいは帰省します。お気に入りの古着屋を巡り、行きつけだった喫茶店でゆっくりして、近所の居酒屋で友人と呑む。まあ、だいたいこんな感じ。最高です。でも、僕 地元にいた事と帰った事しかないんです(当たり前だが)。旅先として地元を訪れてみたい。るるぶや まっぷるなんかを片手にベタな観光地(意外と行ってない所が多い)を巡り、予約したホテルに泊まって、神戸牛なんかを食らう。もちろんいい服を着て。まだ見ぬ名酒場を目指してもいいでしょう。ワクワク感が必需品です。実家に帰ったり、知り合いに会うのはタブーとします。旅の目的地としてのみ訪れる。そうすれば、もっと地元を知れる気がして。もっと好きになれる気がして。30歳を目前に控えて、そんな事を考えています。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte

 

 

 

足立区

北千住・大はし

東京三大煮込みに数えられる “ 煮込み豆腐 ” をいただける 店内は撮影禁止 いっそスマホをしまって話に花を咲かせましょう

 

北千住・天七

串カツで呑りたければここへ 店員さんが皆いかつく優しい 暖簾が日本で一番デカい可能性がある

 

北千住・びあマ

クラフトビールを呑れる店 自家製のマミツがまあ合う 奥の冷蔵庫には世界のルービー 北千住から海外へハシゴするのも良し

 

北千住・久助

北海道の食材をあやつる THE 大衆酒場 室蘭やきとりをSAPPOROで流し込めば、北千住はほとんど北海道に変わる

054 北千住・天七 【kitasenju・tenshichi】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

北千住2軒目を探そうぜ

 

ってなもんでプラプラ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012911j:plain

 

 

ポツポツと雨

 

傘は好きじゃない

 

ドデカい暖簾が放つWELCOMEなヴァイブス

 

天七さんで雨宿り

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012302j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012856j:plain

 

スタンディングで串カツを

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012917j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012908j:plain

 

 

串カツ屋の鋼鉄の掟

 

“ 二度漬け禁止 ”

 

しかし、本場 大阪新世界では

 

常連であればあるほど “ 漬け ” の回数は多く

 

4度漬け、5度漬けは当たり前らしいと

 

西から吹いてきた風に聞いたぜ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012900j:plain

 

 

ここでオススメのスタイルを

 

その串の先端半分だけにソースを漬け

 

後半はプレーンでいただく

 

江戸っ子の蕎麦の食い方のような

 

これがハマれば

 

二度漬けることに

 

憧れを抱かないから大将を安心させられるね

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012749j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012935j:plain

 

 

雨は小降りに

 

これくらいなら濡れていこう

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170616012936j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

 男は大なり小なりいくつかこだわりを持っているものです。僕のこだわりの一つが可能な限り手ぶらで出かける事。手ぶらなだけで気分がずいぶん変わります。心まで軽くなる。いつでも走り出せますから(実際に少し走ることもある)。日帰り旅行ならもちろん手ぶらで、1泊するにしてもポケット多めの高機能ジャケットで乗り切ります。この日は午前中に荷物が必要な用事があり、やむなくカバンを持っていたのですが、その用が終わるやいなやカバンをコインロッカーにインし、心を軽くしてから北千住に向かいました。400円も帰りにそこに寄る手間も、手ぶらのためなら惜しくない。夕暮れ時、傘を持って出かけた方がいいとの予報通り少し雨粒が落ちてきました。当然傘を持たない僕は「天七」にて贅沢な雨宿りをさせてもらう事にしました。雨が上がるのを待ちながら串揚げを立ちでいただきます。

 

過去記事をまとめています!

こちらもシクヨロ方面で!

➡ あの日の洒落酒

 

文・編集:ヌマタリョウ  Twitte