読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金雀・田中三浪 「洒落酒」

ワタナベエンターテインメントの芸人 金雀の田中三浪が、いい服を着て、いい酒場に行くブログ 4~5件の店を梯子します

042 三軒茶屋・采 【sangenjaya・sai】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

三軒茶屋 2軒目は

 

所謂 “ 三角地帯 ” ゾーン

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182244j:plain

 

“ 探している ” と言うより “ 迷っている ” 我々

 

しばしグルグル

 

ようやくお目当ての日本酒をスタンディングで呑れる「 采 (サイ) 」さんへ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182255j:plain

 

 

早速、壁のメニューからポン酒を選ぶ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182310j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182354j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182252j:plain

 

染みてくわ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182302j:plain

 

常連さんも立ち慣れてんね

 

 

で、

 

ポン酒方面のマミツを

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182339j:plain

 

〆鯖

 

浅〆で美味

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182325j:plain

 

酒盗チーズ

 

しゅとう

 

酒を盗るってんだからなんとも油断ならない

 

知らないうちにスイスイよ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182315j:plain

 

 

スイスイ調子乗って吞ってっと

 

いつ、俺商店のシャッターが閉まるかわからないのがポン酒でさぁ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182349j:plain

 

 

ポン酒ってのはね

 

ポン刀の切れ味ですから

 

切られたことにすら気づかず

 

その晩の終わりを迎える

 

翌朝、身体から記憶もバッサリ

 

特に女子が選びがちな

 

“ フルーティー ”

 

“ 微発泡 ”

 

なんて呑みやすいのは、太刀を抜いた瞬間さえ見えないのです

 

お嬢さん方は くれぐれも お気を付けなすって

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182340j:plain

  

もう一杯呑んだら

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170321182352j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

最近買った古着のカバーオール。定番のブラウンのダック地に微妙に左右非対称なレスキューオレンジが最高にイカしてます。ワークウェアはやっぱりいいですね。男なら誰でも似合うし、前提として丈夫で機能的。汚れやダメージも完全に味です。男の特権として手ぶらで出掛けられるって事があると思うんです。たくさんの大きいポケットたちがその特権を広げてくれる。1泊くらいの旅行にならノーカバンで大丈夫。アメニティグッズを持ち帰る余裕すらありそうです。そして、今パーカーがフードがキテル。永遠の定番なんですけど、その高水準の中でも今特に。99年のロバート・ローズみたいなもんです。これはスウッシュがフロントポケットの真ん中にあるくせ者。その下から赤をチラ見せして、オレンジを拾わずに逃がします(赤×オレンジハマってますわ)。ソックスに反対色のグリーンを投入し目一杯遊びを効かせて。キーワードはギャップ感、意外性。と僕の師匠が言ってました。まあ、理由なんか後付けで結局似合ってるかどうかなんですよね。それが着てる着られてる問題の答えです。僕はちゃんと着れてますかね?

 

 

 

編集:ヌマタリョウ  Twitter

 

 

 

041 三軒茶屋・たちのみや 【sangenjaya・tachinomiya】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

次なる町は、三軒茶屋

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316220304j:plain

 

あんま知らねぇ町であります

 

 

さ、

 

1軒目は「たちのみや」さん

 

あ、

 

こちら店名ですよ

 

立ち呑み屋の「たちのみや」さんね

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214437j:plain

 

暖簾も「居酒屋」

 

ジャンル & ジャンル

 

細かいことは気にするなってなもんで

 

はい、

 

サクッと立ち吞もう

 

「どうも、2人です」

 

「いらっしゃいませー そちらのテーブルどうぞー」

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214522j:plain

 

いきなりのシッティングスタイル

 

たちのみやさん

 

やるねぇ

 

 

ルービーから入る

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214445j:plain

 

 

キャッシュがオンなので小銭をスタンのバイ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214503j:plain

 

 

集まっての1軒目は

 

今日、どこにする?会議を開くため

 

0軒目として立ち吞み屋を選ぶことが多い

 

しかし、こちら

 

座りなの

 

でも

 

話すことが多々あったので

 

座ってちょっとマジメに

 

ってな具合で

 

何かそういうとこに誘われ、吸い込まれたのかもしれない

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214556j:plain

 

 

水面に石を放り込む

 

伝わる波紋

 

その波紋が行く先

 

 

と、まあ、話が長くなって

 

我々、立ち吞み屋最長滞在記録 (立ってはないんだけどさ)

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316222848j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214513j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214458j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214527j:plain

 

定番ライン

 

ポテサラ / ハムカツ / おでん盛

 

 

話がまとまったところで

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170316214546j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

ホワイトデーを過ぎる頃にはツイードコーデュロイとはバイバイしたい。素材に関してはハッキリ季節限定のものは早めにきりあげて先ドルことです。ここでハッキリと決めてしまいましょう。ツイードコーデュロイは3月14日までと(ダウンやボアも)。今冬素材を着るのはうしろめたいですから。罪悪感さえ感じてきます。もちろんファッションなんで「あえて」とか「逆に」とかの入る余地は十分にあるんですけどね。まだまだ寒い日には、ヒートテックの極暖をこっそりしのばせて、時には重ね着して、見栄を張ればいいんです。オシャレは我慢とはよく言ったもんですね。この日は寒の戻り。冬を脱ぎ捨てた僕はやはり極暖をしのばせ、レスキューオレンジがイカしたビンテージのカバーオールに身を包み三軒茶屋を歩きます。襟がコーデュロイなのはあえてです。

 

 

 

編集:ヌマタリョウ  Twitter

 

 

 

040 新宿三丁目・どん底 【shinjuku3chome・donzoko】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

ということで、新宿三丁目エリア ラストでございます

 

どん底さん

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141349j:plain

 

老舗 of 老舗でござい

 

しかし

 

店内、見回すと


シブさの中に今を感じさせてくれます

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141443j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141440j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141437j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141428j:plain

 

4軒目っちゅうことで

 

吞み足りなさを埋めてくスタイル

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141415j:plain

 

 

オススメメニューとのことで

 

ザーピーいっとくか

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141423j:plain

 

ズーチーがふんだん過ぎて

 

熱くて素手じゃリームー

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141424j:plain

 

箸でいく

 

美味い

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141426j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141406j:plain

 

ごち

 

この日の我々、一番上の3Fだったのですが

 

今後 1F、2Fも探ってみたい

 

サラッとデートの〆あたりに寄れたらいいのではないかと

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141404j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141409j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141402j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170310141446j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

昭和26年創業の老舗酒場「どん底」新宿界隈で最も古い居酒屋と言われているそうです。店名とマッチしすぎなイカツイ看板がお出迎えしてくれます。館感たっぷりの外観。これまで紹介してきたいくつかの老舗居酒屋とは異なり、老舗酒場といいたくなる洋でレトロな雰囲気。ノンコテコテです。何だかジャズの香りがします。ジャズ全然わかんないですけど。現在放送中の朝ドラ「べっぴんさん(主題歌ミスチル!)」に出てくるジャズ喫茶「ヨーソロー」が僕のジャズのイメージのほぼ全てなんでそこから。黒澤明三島由紀夫ら数々の文化人にも愛された店らしく、同じように多くの文豪に愛された神保町の名喫茶店「さぼうる」がオーバーラップします。さほど似てるわけではないんですけどね。両方の店に巨匠が愛した店あるあるが共通に存在しているんでしょう。そんなあるあるを探しつつこの店オリジナルのどん底カクテル(なんとボトルもあります)を。予定より1杯多くなってしまいました。「どん底」田中三浪も愛したお店です。

 

 

 

編集:ヌマタリョウ  Twitter

 

 

 

039 新宿三丁目・鳥はな 【shinjuku3chome・torihana】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

さて、今週末に迫ってまいりました

 

三浪のコンビ金雀の単独ライブでございます

 

こちらも会場から近いとこであります

 

鳥はな さん

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163930j:plain

 

 

素晴らしい店っ面

 

半径2mまで 昭和の香りオンリーです

 

店内の新聞、全て1989年以前のモノかもしれません(刷りたてで)

 

暖簾をくぐってタイムスリップ

 

三浪もご満悦

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163941j:plain

 

酒が回り出したころって、表情をつかさどる筋肉が崩れて

 

上手に笑顔を作れないんですよね

 

まさにそのヤツ RUN ALC

 

 

焼鳥屋の定番お通し

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163937j:plain

 

おろし

 

漬物も付いておりました

 

これだけで瓶3本盗れるけどね

 

 

さ、

 

こちら、串8本コースが定番らしく

 

はい、ドン

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163942j:plain

 

シソ巻  ササミ  カワ

ツクネ  三浪   ニンニク芽巻

テバサキ オクラ巻 ハツ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163950j:plain

 

モノによって「醤油に豆板醤を溶いて付けて」と天の声

 

 

レモンサワーに切り替えつつ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228165616j:plain

 

 

刺しも注文

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163955j:plain

 

生肉は美味いよね

 

 

店主と

 

“どうやって入れた!?”な冷蔵庫

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228163959j:plain

 

8本が終わって

 

「これも食べて欲しいんだ」と

 

刺客 №9

 

レバー

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228164003j:plain

 

美味しくいただき

 

ごちそうさま

 

あ、ライブが行われる日曜は 鳥はなさん開いてないかも

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170228164005j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

いい焼き鳥屋はタレか塩かを聞いてこない。自店の売りや、どの串をどの味で食べればおいしいかを明確にわかっているから。炭火で焼いた肉本来の味を感じて欲しい場合は塩で。代々受け継がれている秘伝のそれがある場合にはタレで。といった具合にです。新宿三丁目の名店「鳥はな」こちらでは味どころか、串の種類すら選ばせません。初訪問はおまかせコース8本を頼むという不文律が。素人は黙ってプロにまかせろ。全部うまいから。という事です。もちろん、味つけもすべておまかせ。こちらの進み具合も見つつ最高の状態で出てきます。レモンをかけるかどうかだけ、たまに聞いてくれます。かけ方がカウンターから見たらどう見ても適当(悪い方の)なんですが、食べてみると実に絶妙。適当(良い方)であった事わかります。ここにもプロの技があります。まかせた8本全部うまかった。さすがです大将。またまかせます。

 

 

金雀第3回単独ライブ

「ソロソロ」

2017年3月5日(日)

場所 新宿レフカダ 地図

開場 18:00

開演 18:30

料金 ¥1500+1ドリンク(¥500)

                           f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002211p:plain

 編集:ヌマタリョウ  Twitter

 

 

 

038 新宿三丁目・沼田 【shinjuku3chome・numata】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

前回から続いて3月5日(日)に金雀単独が開催される町、新宿三丁目エリア

 

2軒目は

 

もつ煮込み専門店 沼田さん

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205714j:plain

 

 

何度かこの道を通っていて気になっていた店

 

わたくしも “ヌマタ” と申す者でしてね

 

 

まずは瓶を

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205735j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205742j:plain

 

ガコンッ

 

と、ノドにアてて胃袋へ

 

ゴールポストにアたって角度が変わりゴールするあの感じです

 

 

“もつ煮込み専門店” ってことで

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205838j:plain

 

モチ野ロン太郎で注文

 

一味でカスタム

 

煮込みの味、種類が沢山あったわ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205719j:plain

 

 

マミツもう一品欲しいとこ

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205747j:plain

 

ネギレバをいっておく

 

 

でさー

 

この次の店

 

串、行くって決めてたのよ

 

だもんで、やきとんは堪えたのよ

 

ってことで再訪を誓ったよね

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205803j:plain

 

電話

 

店員さん「はい、沼田です」

 

実家ぶりに聴いたわ

 

人が「はい、沼田です」って出る電話

 

また来ます

 

行ってきます

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170220205849j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

ポテトサラダ、煮込み、レモンサワーがうまい。これが長く続く居酒屋の共通点だと、僕の行きつけの店の若大将が言っていました(いつかこの店も紹介します。名店なんで)。その一角煮込みの専門店「沼田」。このコンセプトでまずこちらのハートを鷲掴みしてきます。煮込み専門である事や、店名が苗字である事から頑固親父系の老舗をイメージしがちですが、実は中堅店(10周年おめでとうございます)。そして、そのバランスが抜群。まだまだ若手だと言わんばかりの清潔感や手元メニューのレイアウト。手書き風に赤ペンが混じっているかどうかで女の子が来るかどうかが決まります。そうでありながら、ビールケースや席の絶妙な狭さ大瓶など呑兵衛の心も離さない演出が随所に。店名からは想像しにくいコテコテ寄りバランス店。酒好きであれば、記念日以外のデートにも使えます。これだけ色んな層の酒好きの事を考えてる店の目玉煮込みがうまくないわけありません。彼女やおじいちゃんと是非。てか、店前のKIRINの看板カッケーな。ほしい。

 

 

金雀第3回単独ライブ

「ソロソロ」

2017年3月5日(日)

場所 新宿レフカダ 地図

開場 18:00

開演 18:30

料金 ¥1500+1ドリンク(¥500)

                           f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002211p:plain

 編集:ヌマタリョウ  Twitter

 

 

 

037 新宿三丁目・ねこ膳 【shinjuku3chome・nekozen】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

10駅目ですね

 

新宿三丁目エリアっす

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002016j:plain

 

なぜ新宿三丁目か?と言うと

 

三浪のコンビ「金雀」が3月5日(日)に単独ライブを行う町なんですよ

 

場所はレフカダさん

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002138j:plain

 

最寄りが新宿三丁目

 

わたくしも裏をやってるので、来てね♡

 

 

ってなもんで、今回は ライブ前に下地作ったり

 

ライブ後、呑めるとこの目星なスタイル

 

 

まずは、24で定食も呑みもイケる

 

ねこ膳さん から

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002031j:plain

 

呑める定食屋

 

これって、近場にあって欲しいんすよね

 

定食って、ライス抜いたら酒に合うコース料理だからさ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002037j:plain

 

 

とりあえず、我々は 1軒目なので

 

“ビールセット” あたりを

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002051j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002046j:plain

 

メンマと煮卵

 

モチ野ロン太郎で 七味でカスタマイズ

 

 

2杯目から

 

なにアテる?

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002035j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002107j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002100j:plain

 

ポテサラ

 

生姜茄子

 

 

こういったメニューで盗れるのが定食屋のイイところです

 

吞まない夜は食うだけ

 

呑み帰りは食うだけ

 

にシフトできるしね

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002133j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002058j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002127j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002042j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002123j:plain

 

ネコ多目

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002113j:plain

 

 

様子見

 

サクッと

 

 

ハシゴ終わり

 

戻って〆るのもアリ

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002145j:plain

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

日本一の繁華街新宿。その一角新宿三丁目エリア。色んな人が色んな時間に集まります。来月行われる金雀の単独ライブもこの辺りにて(その日は18時半に集まってください)。そんな場所には肩肘張らず好きな格好で。デカい服の決定版とも言えるNIKEのどデカダウン(おそらく90s)で防寒はバッチリ。インにもシャカシャカ被りトップス(Vネック!)を投入し、シャカシャカ×シャカシャカです。パンツから靴まで同色系で揃えて(ややグラデーション。縦の色揃えんの好きやわー)、どデカダウンのガバッと羽織った感を強めています。ストリート、スポーツ、90s。最近のテーマを全部ねじ込んだコーデ。キャップを被る事で上のテーマ3つをさらに強める事もできたんですが、女子の目を少し気にしてノーキャップで。それでほんのちょっとだけモードを入れてるイメージです。やっぱりスポーツウェアって格好いいですね。男である以上いくつになっても似合い続けたいものです。

 

 

金雀第3回単独ライブ

「ソロソロ」

2017年3月5日(日)

場所 新宿レフカダ 地図

開場 18:00

開演 18:30

料金 ¥1500+1ドリンク(¥500)

                           f:id:kinjakutanakasaburou:20170215002211p:plain

 

 

 

編集:ヌマタリョウ  Twitter

 

 

 

 

 

036 高円寺・ドッグベリー 【koenji・dogberry】

金雀・田中三浪がいい服を着て、いい酒場に行く「洒落酒」

 

 

高円寺ラストは

 

ドッグベリーさん

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181907j:plain

 

こちらも 前回の野方屋さん 同様

 

呑み屋で独り呑みをキメているイカしたおじさんに教わったお店

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207182115j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181943j:plain

 

 

ロックンロールが

 

壁に、地面に、風にしみ込んだ高円寺

 

ここでは、ハイネケンとかハートランドとか

 

いわゆる “緑のビール” ってヤツをラッパで

 

とか

 

ウイスキーをロックで

 

とか

 

そんなスタイルでイクのが良い

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181912j:plain

 

 

シャレたツマミをあてていく

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181914j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181916j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181932j:plain

 

 

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207184636j:plain

 

 

平日

 

時計の針が0時に迫る

 

そんな夜は

 

誰もが都会のシンデレラ

 

忘れ物に気を付けて

 

電車がカボチャに変わってしまう前に

 

f:id:kinjakutanakasaburou:20170207181939j:plain

 

 

さ、次へ行こうか

 

 

 

田中三浪 Twitter

最初ビールから入って、次何を呑むか。呑む上で重要なテーマのひとつかもしれません。答えはもちろん自由です。好きなものを好きなタイミングで好きなだけ呑めばいいんです。ずっとウーロンハイ呑んでるジジイが妙にカッコよかったりしますしね。僕の場合は環境に導いてもらっています。オシャなバルではワインを。老舗酒屋の角打ちでは日本酒を。コテコテの屋台ではホッピーを。サワー発祥の店ではレモンサワーを。ビール記念館ではビールを呑みます。導かれ方、それはその店がわかりやすく押しているものだったり、肴との相性だったり、雰囲気だったり、時期だったりもする。何れにせよ、名店は呑むべきものに導いてくれるものです。是非、寒い夜の「ドッグベリー」ではジャックダニエルを。

 

 

 

編集:ヌマタリョウ  Twitter